ブログ

Blog

2015.08.10

SEOの検索キーワード選びに重要。ペルソナ分析を行う

ペルソナ

ホームページを作成する上でもっとも軸となる3つの項目を決めなければなりません。

それは「ターゲット」「コンセプト」「目的」の3つです。

 

この軸をしっかりとさせることが強固なSEO対策となり、ひいてはサイトとユーザーのマッチング性を高めることとなります。

そこで、最近特に注目されているのが「ペルソナ分析」です。

 

そもそもペルソナ分析とは、サイトのターゲットとなるユーザーの属性、特性興味、関心など様々な角度からユーザーへの理解度を深めるマーケティング手法の事を指します。

 

ペルソナ分析を行うことにより、ターゲットユーザーの事を深く知ることが出来るため、サイトの「軸」が定まり、具体的に戦略を練ることが可能となります。

 

この、基本軸がしっかりとしていると「ターゲット」「コンセプト」「目的」の3つからブレることが少なくなります。

 

ペルソナ分析に役立つ手法と注意点

広告を出す

しかし、ペルソナ分析を行いサイトで実施しても、ターゲットが本当にあっているのかということはある程度の時間を要しなければ数値として現れてきません。

 

また、実施していくとターゲットはいろいろな検索方法やキーワードでサイトに訪れているため、キーワードを絞り込むのが難しく感じると思います。

 

そういった時に役に立つのはリスティング広告です。

リスティング広告はSEO対策の上でも手っ取り早くアクセスを集められることから、立ち上げたばかりのサイトの場合は有効活用することが可能です。

 

ペルソナ分析の際にも用いることによって明確に、ターゲットユーザーを知ることができます。

例えば、リスティングのキャンペーンなどをテスト的に実施することにより、メインターゲットになるユーザーの特性を深く理解できると共に、理解を深めるための時間も圧倒的に短縮することが可能になります。

こういった有効となるツールを活用しペルソナ分析を行うとよいでしょう。

 

しかし、注意して頂きたい点としては一度、ペルソナ分析を行ってユーザーを理解したと思い込んでしまい、それ以降は分析を実施しなくなることです。

インターネットの世界ですので、今日の常識が明日の非常識となることは多々あります。

目先のコンバージョンの高いワードのみで対策を行ってしまうと、ある日突然、コンバージョンが上がらず、次の対策を行うまでに相応の時間を要することとなります。

 

ペルソナ分析は日々実施することを心がけ、インターネットの世界であっても行動を起こしているのは人であるという事を忘れず、対策を行って頂ければと思います。