ブログ

SEOに効く内容が濃い文章を作るときのコツ。SEOに有利なライティング技術

ライティングスキルとは

 

SEOに効く内容が濃い文章を作るときのコツ。SEOに有利なライティング技術

最近のSEOで良く口にされるのが、「コンテンツ」という言葉です。
そのまま日本語にして「中身」とか「内容」という意味ですが、2通りの意味でコンテンツが問われています。

ひとつは1サイトの中にある「サイトのページ数」と1つのページを構成する「テキスト数(文字数)」の2つです。

一口でコンテンツ量を増やすと言っても容易ではありません。

10年くらい前であれば上位表示させたいキーワードを文章の構成に関係なく、多くページに入れていればある一定の評価が得られました。

しかし、このようなページを多く作ってしまうと「キーワードの乱用」という評価が下ってしまい、今ではペナルティ対象となる可能性があります。

また同じドメイン内であろうと別ドメインであろうと関係なくコンテンツをコピーしてもコピー”した”側の順位は基本的に上がらない仕組みとなっているため、気をつけなければなりません。
コピーコンテンツについては、何かをコピーすることによって、順位ペナルティ(低下)を受けることは少なくなりました。
ただし、コピーしたコンテンツが評価されることは99%ありません。

 

Googleはユーザーの役に立つ情報を上位に表示させたいと考えているので、すでにウェブ上にあるものと同じサイトを上位表示させることはありえないのです。

 

共起語を意識することで、自ずと質の高い文章が仕上がる

fa0b824f729c274c95c9bfabe7c5c268_s

このように、現在のGoogleは量だけでは無くコンテンツの「質」も問われており、コンテンツの内容が濃いかどうかということが重要視されています。

「質」というのが曖昧な言葉ですが、ざっくり言うと、人が読んで役に立つ、面白いと感じる文章が質が高いと言えます。

 

そこで、質が高いコンテンツづくりのコツとして「共起語」を含めた文章の作成をおすすめしています。

共起語とは目的のキーワードに紐づく関連ワードを用いることです。
コレを書くと、この単語には触れずにはいられないというくらい、「セット」になる言葉があります。

例えば、「自動車」というキーワードを例にすると、「エンジン」「ハンドル」「中古車」「車検」「メーカー名各種」などあるかと思います。

今上げた、キーワードは自動車でないとほとんど関連しないキーワードになります。
こういった上位表示させたいキーワードを用いてコンテンツ作成を行うことによって、Googleからはより深い情報が載っているコンテンツであるとよい評価をもらえるため効果的です。

ただし、検索エンジンだけに囚われて、文法的におかしい文章を作ってしまっては、サイトを見る「人」に評価されませんので、文章として正しいことが前提になります。

 

あと、ご注意頂きたい点としては、上位表示させたいキーワードと全く関連性のないキーワードを多く含めてしまうと逆効果となることです。

また、Googleはオリジナル性も評価しているので、各ページのコンテンツ内容のテイストは出来る限り統一をしたほうが、独自のオリジナルコンテンツであると評価されやすくなるためより効果的になると考えられます。

このように、すこしのポイントを抑えながらコンテンツ作成を行い、コピーしたものを使うことは極力控えることがSEOには効果的になります。
ポイントをしっかりと抑えたコンテンツ作りを行っていれば、自ずと検索順位は上位表示されやすくなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る