ブログ

hタグの使い方。検索順位を上げるための正しい活用法

3a4085d835741dc74f53a4b39e4677e8_s

hタグをうまく使っているサイトって意外と少なく、SEOでも優先順位としては低いとされています。
しかし、hタグを適切に記述することで、SEOにも影響を与えるものになりますので、正しい活用方法をご紹介します。

そもそも、hタグとはなにかと言うと、サイトの見出し部分について記述するHTMLのコードの一種です。
インターネット上に存在するウェブサイトのほとんどは「HTML」というコードで記述されています。
このHTMLをGoogleのクローラーが読み取り、サイトがどういった内容のコンテンツなのかを判断します。
その判断材料として、title、meta description、key worldなどがSEO対策として重要です。
その中の項目でhタグというコードがあります。
hタグとはトピックスに対して「見出し」をつけるコードになります。
コンテンツの内容をより分かりやすく伝えるためにhタグを用いて整理しながら構築していきます。
ユーザーにとってはもちろんですが、検索エンジンにとっても、内容がより分かりやすく整理されている方が高評価をつけやすくなるためhタグを適切に使うことが大切となってきます。

 

hタグ利用上の注意点

f5927e1501aaf8cfa6049b70e6c36301_s

hタグを利用する上で以下の2点に気をつけて配置してください。

1.hタグの中身を記述する
hタグの中身については検索エンジンも評価しているため、慎重に設定をする必要があります。無駄なキーワードの詰め込みや、フレーズの意味がわかりづらくなることは避けましょう。
2.hタグの体裁を整える
hタグを設定するとブラウザにそのまま表示される事になります。そのままだと、フォントが合わなかったり、カラーが合っていないことがよくありますのでその場合は修正してください。

 

上記の点に注意しながらhタグを配置していきます。

Googleの基本概念として「ユーザーが求めている情報をより早く届ける」とあります。Googleからサイトを適正に評価してもらうために、より情報が伝わりやすいようhタグを用いて整理を行っていくとよいでしょう。

整理というのは、通常、Hタグはサイトの上からH1,H2,H3と数字が小さくなっていくので、逆行して、下の方にあるコンテンツにH2やH1を使うということがないようには注意しないといけません。

ユーザーにもGoogleにも分かりやすく、有益な情報であると評価されることにより、SEO対策を行う意味があると思いますので、一つ一つきっちりと記述していくことが重要なであると考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る