SEO

  1. SEOに動画を使う。Youtubeを活用したアクセスアップの方法とは?

    現代のSEO対策のトレンドとしては外部SEO対策よりも内部SEO対策です。内部って何?という方は、こちらの記事で解説しております。SEO内部対策の基本。

  2. サテライトサイトを作る。ペナルティリスクを避けた、安全な外部SEO対策とは?

    サテライトとは、英語で「衛星」を意味するものです。収益を上げる、メインとなるサイトが惑星だとしたら、その周りでメインサイトを支える存在として活躍することから「サテライトサイト」と呼ばれるようになりました。

  3. hタグの使い方。検索順位を上げるための正しい活用法

    hタグをうまく使っているサイトって意外と少なく、SEOでも優先順位としては低いとされています。しかし、hタグを適切に記述することで、SEOにも影響を与えるものになりますので、正しい活用方法をご紹介します。

  4. SEO内部対策の基本。タイトル、ディスクリプションを効果的に決める

    SEO内部対策と言えばサイトタイトルとディスクリプションが代表的です。ディスクリプションというのは、普段は見えないですが、検索結果でサイトタイトルの下に表示され、クリックしたくなるかどうかを左右する重要なものです。

  5. Googleから順位ペナルティを受けたらどうする?その対処法について

    Googleは2011年6月以降、不自然なリンクが貼られているサイトの運営者に対して、警告メールを出し、被リンクを外すようにメッセージを送信しています。ペナルティを受けてしまうと順位が大幅に下がり(圏外の100位以下)、適正な処置を行わなければ順位を元に戻すことができません。

  6. ソーシャルSEOは、SNSでの評価がどのようにSEOに有利に働くか?

    ソーシャルSEOとはSNS(Face bookやTwitter)を利用してSEO対策を行うことです。ソーシャルメディアを通じて、口コミ(バイラル)で伝わることから、バイラルSEOと呼ばれることもあり、昨今、SEO対策にも大きな役割を果たしている話題になっています。

  7. URLの正規化で無駄のないSEOをする。正規化の意味とその方法について

    URL正規化と聞いたことの無い方もいらっしゃるかと思います。そもそも、URL正規化がされていない状況というのは、Googleでは同じコンテンツが複数存在することをよしとしていないのですが、意図せず同じコンテンツが複数存在する状況を作ってしまうことがあります。

  8. ロングテールSEOの重要性。小さなアクセスをたくさん集めるには?

    このブログを御覧頂いてる人の中には、SEOを頑張ている人も多いかと思います。「頑張る」という典型例は、ひとつのキーワードで順位を上げる方法になります。

  9. スマホサイトの適切な設定。スマホ検索で順位を落とさないために

    2015年4月21日よりスマートフォン利用に最適化されたサイトが「モバイルでの」検索結果で優遇されやすくなるように変更されるようになりました。簡単に言うとスマホでアクセスした際にスマホで見やすいサイトになっていると検索順位が上位に表示される可能性が高まるということです。

  10. ページボリュームを増やすコツ。ページ数を増やしてアクセスを集めるには

    ホームページのページボリュームを増やすことは容易ではありません。コンテンツの充実を考えた時に、量を大事にするか、質を大事にするかというのはとても難しい問題なのです。しかし、SEO対策を行う上でページボリュームを増やすということは、切っても切れない関係にあります。

ページ上部へ戻る