ブログ

ロングテールSEOの重要性。小さなアクセスをたくさん集めるには?

ロングテール戦略

このブログを御覧頂いてる人の中には、SEOを頑張ている人も多いかと思います。

「頑張る」という典型例は、ひとつのキーワードで順位を上げる方法になります。

中でも、ビッグキーワードと呼ばれる単体キーワード(「脱毛サロン」、「住宅ローン」、「ウォーターサーバー」など1語で構成されるキーワード)でのみ上位表示されるように対策を取っていないでしょうか?

 

実は、ビッグキーワードで上位表示が成功しても思った以上に流入数(PV)が稼げないということが多くあります。

実際に、オーガニック検索で訪れるユーザーの内20%がビッグキーワード、80%が2個以上の複数キーワードで検索を行っているユーザーになります。

複数キーワードでのSEO対策を、ロングテールSEOといいます。

動物のしっぽのように、アクセス数は少なくなっていくものの、検索キーワードの種類が多く、グラフ表示すると、細長く見えることからこう呼ばれています。

 

このような傾向から、ロングテールSEOで成功するとコンバージョンが非常に高まり、効果的なサイトとなります。

しかし、そう簡単にロングテールSEOが成功するわけではありません。

訪問者にとって有益なコンテンツを増やし、各コンテンツをニッチな検索キーワードを想定して最適化する事など細かい努力の積み重ねで大きなものにしていき、安定的な集客を確保する為にロングテールSEOが効果を現していきます。

ロングテールSEO対策のメリットは下記のようなことが上げられます。

 

  • 競合が少ない為、ビッグワードよりは簡単に集客へ結びつける事ができます。
  • 多くのページで実施する事で安定的な集客を確保できます。

 

ロングテールSEOの実際。どう対策すればよいか?

スモールSEO

ではどのように対策を行っていけばよいのでしょう。

SEO対策は本来、複数のキーワードを用いて対策を行います。

全てのページで関連する複合キーワードを用いてSEO対策を行うことで威力を発揮します。

100ページあるサイトであれば、全てのページでSEO対策を行う必要があります。

ここで課題となってくるのがロングテールSEO対策を行う際に、どういったワードで対策を行えばよいのかということがあげられると思います。

 

そこで、便利なツールがGoogle Adwords「キーワードプランナー」という機能を使って選定していくとよいでしょう。

https://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

 

キーワードプランナーでは対象のビッグキーワードを入力すると複数の複合キーワードが表示され、月間の検索ボリュームを確認することができます。

数十個、数百個キーワードを自分の頭だけで考えるには限界があるので、こういったツールを使いながら、コンテンツづくりをすれば、スムースに運びます。

 

複合キーワードを選定する際はビッグワードを軸にして考え、検索ボリュームをもとにコンテンツを作っていきましょう。

このように、ロングテールSEO対策をコツコツと行っていくことにより、一番あげたいキーワードのビッグキーワードの上位表示を狙うことが可能となってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る